• 飲食事業
  • 食品事業
  • 食へのこだわり
  • 新着情報
  • 会社概要
ホーム > 食品事業
先の東日本大震災で甚大な被害を受けた石巻市牡鹿半島、私の実家でもある石巻市谷川浜は、ホヤの名産地です。 また牡鹿半島は良質な牡蠣、ホタテ、ワカメの産地でもあります。

鮮度、身質とも抜群な谷川浜のホヤを “谷川の活ホヤ” 牡鹿半島産の牡蠣を “金市朗の牡蠣” 牡鹿半島産のホタテを “金市朗の活ホタテ” としてブランド化して宮城県内はもとより 北海道、東北、関東地方へ出荷させて頂いております。
|谷川の活ホヤ 取り扱い時期:3月から8月前後
 
瑞々しい香りと自然の甘さが凝縮された三陸特産の「海のパイン」です。当店の「ほや」は爽やかな潮の香りとすっきりとした甘味とあくのない苦味のコラボレーションが口一杯に広がり、みずみずしい旨みだけが最後に残る味わいなので、ほや特有の嫌な香りはありません!浜で水揚げしたら鮮度を維持したまま、朝一番の便でお届けしますので味、香り、食感共に抜群です!
|谷川の蒸しホヤ 取り扱い時期:3月から8月前後
 
水揚げ直後の捕れたてのほやを沸騰した塩水にさっと茹で、甘味を引き立たせた食感・味共にホッキ貝に近い味わいが楽しめる酒の肴にぴったりの商品です。ビール、焼酎にも相性が良く、初めて食べた方は殻を見ない限り、ほやとは気が付かないと思います。理由は簡単。ほやの臭さは一切なく、旨味と甘味が非常に際立っているからなのです。

生ほやは苦手・・・という方は焼きほやがおすすめです。
|谷川のホヤキムチ 取り扱い時期:通年
 
これは水揚げされたばかりの谷川の新鮮なほやを用いてキムチ味の風味をほどこしたものです。原材料はシンプルで、ほやと塩、キムチ等で味付けしました。居酒屋金市朗の料理長監修のテイストに仕上げましたので、ほかのホヤキムチとは一味違います!こちらも弊社の人気商品です。
|金市朗の牡蠣 取扱時期:11月から2月前後
 
三陸でとれた旬の牡蠣をお届けいたします。三陸、牡鹿半島の良質な海で育った牡蠣は、濃厚かつクリーミーな味わいです。他の特産地の牡蠣と比べても、驚くほどの濃厚を味わえます。
金市朗では三陸、牡鹿半島でとれた、旬の良質な牡蠣を金市朗の牡蠣として、ブランド化し皆様にお届けします。
|金市朗の活ホタテ 取り扱い時期:11月から2月前後
 
三陸でとれた大サイズの活ほたてを15~20枚お届けいたします。冬が旬である三陸ほたては、身が柔らかく、そして貝柱がふっくらとしているのが特徴的です。浜でとれた新鮮なものを新鮮な内に即発送させて頂きますので、お刺身、踊り焼き、バター焼きなど。生でも加熱でも、様々な調理法でお召し上がり下さい。
|金市朗の早生ワカメ 取り扱い時期:2月から4月前後
 
早い時期に収穫されるワカメは「早生ワカメ」と呼ばれております。収穫期間が短く、葉も柔らかく、香りが特徴的で、三陸産の高級ワカメのなかでもシャブシャブなどの料理に適しています。 弊社金市朗の早生わかめはその中でも一等級のものを優先に取り扱っております。
|金市朗のこだわりマグロ
 
金市朗自慢の天然本マグロは、青森大間、長崎壱岐またカナダボストンなどの世界各地の漁場で水揚げされ築地に直送されたものを、独自のルートで仙台まで取り寄せております。4月、5月、沖縄・九州。6月、7月、8月、日本海・北海道・噴火湾・鳥取県・堺港・塩釜。9月、10月、カナダ・ボストン・スペイン。11月、12月、1月、青森県・大間・北海道・戸井。2月、3月、沖縄・九州・和歌山県・那智勝浦。
|金市朗の活〆
 
金市朗では活魚に神経抜きの技術を取り入れています。
魚介類は死後、次のように段階的に状態が変化していきます。魚は死ぬと即、筋繊維が徐々に硬直していきます。そして、時間の経過と共に緩やかに硬直が解けていきます。この時、ATPが自己消化によって分解されうまみ成分へと変化します。
死後硬直が完了するまでは、身はまだ活きている状態に近く、鮮度も保たれています。
|金市朗FC事業
 
金市朗ではFC事業として、金市朗のライセンス取得で、食材の仕入れ先から運営など全般において、全力でサポートさせて頂いております。より鮮度よく付加価値の高い美味しいものを提供するための、お手伝いも業務の一環として行っております。
|主な仕入先
宮城県内漁業協同組合 三陸沿岸定置網漁師 刺し網漁師様
石巻市各水産会社 地方卸売市場 養殖漁師様

|主な販売先
宮城県内の飲食店様
(県内全域)
関東圏の飲食店様
(都内中心関東全域)
青森魚類株式会社
(青森)
丸水秋田中央水産株式会社
(秋田)
山形丸魚株式会社
(山形)
仙都魚類株式会社
(宮城)
中央魚類株式会社
(築地)
第一水産株式会社
(築地)
かいせい物産株式会社
(東京)
横浜丸魚株式会社
(神奈川)
株式会社 宮市
(栃木)
カネシメ高橋水産株式会社
(北海道)
※仕入先が豊富なために様々なご提案ができますので、お気軽にご相談ください。